時短営業協力金

 先月の話ですが、古くからの知人の依頼で緊急事態宣言に伴う時短営業協力金申請のお手伝いをしました。

 個人事業主として長く店舗経営をしていてもこう言った公的なもの(補助金や助成金等に限らす公的機関に提出する書類全般)は、中々なじみがない方が多く、国や自治体の説明文も良く読み込まないと理解しにくく感じるものが多い思います。
 そういった中、昨今では感染防止の観点からNET経由での申請を推奨している事が多く知人の飲食店の場合、PC等を触る機会もほとんどなく商売をしてきたようで更に申請のハードルが高くなってました。

 実際の申請は、ほとんどの提出資料がPDFやJPEGでOKなので元のデータさえ揃っていればそんなに難しいものではないのですが、取っ付きにくいというのがあるのではないとかと思います。

 今回の蔓延防止措置に関する協力金についても対象となる飲食店が多々あると思いますので申請の漏れ等がないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

電子契約の印紙税

次の記事

諸規定の制定