財務コンサル

 時折弊社でも財務コンサルをお受けする事が有ります。

 内容的には、クライアントさんにより表現の仕方は様々ですが、資金繰り的な部分が多く特に金融機関からの借り入れにあたり財務諸表の見せ方のご相談が多いと感じております、弊社もですが見せ方と言っても様々で財規、企業会計原則に則った財務諸表なのか、一部の金融機関で金利優遇等があるTKCに則ったものなのか様々です。

 私自身の経験上、確かに財務諸表の見せ方もの大事だと思いますがそれ以上に大事なのは、社長自らが財務諸表の各数字を把握してこの財務諸表になっている理由が説明でき、今後の計画について実現可能性をもってご自身の言葉で説明出来る事が重要ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

会計ソフト

次の記事

算定基礎