テレワーク

 昨年から続く、コロナ禍でテレワークや在宅勤務という単語がにぎやかにメディアから発せられてましたが、昨今の感染者数や実際の街の人出を見ていると、テレワークや在宅勤務をしている方はかなり減少しているのではないとかと感じております。
 特に弊社の提供している管理部門に関しては印鑑・銀行取引や郵便でのドキュメントの授受等があり中々テレワークや在宅勤務に変更できないというお話をクライアントさんからお聞きする事が有ります。

 ただ、そういったクライアントさんも弊社の受託している部分はインハウス(リモートでクライアントさんのPC接続したりクラウドソフトを利用したりして)で行っている業務も多々あります。EBや個人情報等のセキュリティーが気になるクライアントさんもいらっしゃると思いますが、ルールをしっかり守り厳重なセキュリティー対策をしていれば多くの業務がテレワークや在宅勤務が可能と思います。

 郵便物の問題が残りますが、例えば銀行さんからの送付物は昨今では電子されつつあり、請求書等もメールやクラウドを利用する事により必ずしも郵便での授受は必要ないと思います、また、当社のクライアントさんの中には月次を翌月5営業日で確定させないとならないため10年ほど前からほどんど請求書をメールやクラウドで授受しておられ月次のスピード化をされてます。

 当社も今後、従来の管理部門のコンサルティングにプラスしてテレワーク化の支援もメニュー化していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

七夕