月次決算

毎年の事ですが、GW・年末年始は財務経理に携わる方々にとっては何かとタイトになりがちかと思います。

私自身もサラリーマン時代は外資に勤務しており、在外の本社が上場していると長くても5営業日で月次の確定(税金計算含む)を求められます、弊社のクライアントさんにも外資の企業さんがあります。

毎回ですが、売上高や社内で処理できるものは良いのですが、先方からの請求書待ち等が発生する事がありGWに関してはクォーターでないので発注ベースの金額で計上してしまう事も出来ますが年末年始に関しては、外資の場合12月決算が殆どなので、事前に取引先さんに協力要請をする方法で乗り切りますが何度行っても気が気でありません。

5月も中旬に入り管理部門の方々は月次では落ち着かれたと思いますが、日本では3月決算企業が多いのでもうひと踏ん張りと言うところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

税理士試験

次の記事

給与計算