算定基礎

 本日クライアントさんに健保組合から算定基礎の書類が届きました。

 算定基礎は簡単に言うと4-6月給与の平均額に対して9月からの保険料率を変更するものであり給与額の変更有無にかかわらず提出が必要となります。
この4-6月の給与は残業手当や各種手当はもちろん通勤定期代も含めた額が算定基礎対象となります。

 この年1回の算定基礎のタイミング以外で3か月間の平均給与額が変更となり保険等級で2等級以上変動のあった場合も月額変更として届け出が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

財務コンサル

次の記事

夏季賞与